未来アート|新象作家協会

新象展は、新しい自由な芸術活動を理想とし、もっとも大胆な実験・研究の成果を発表する場としての公募展です。
マンネリ化を排し、既成概念や自己規制にとらわれる事なく、柔軟性のある探究心によって、この実現へ緊張を持ち続けたいと願っています。

新象ロゴマーク

2022年<第63回>新象展<公募>

本展・東京都美術館
2022年5月29日(日)~6月4日(土)
午前9時30分~午後5時30分/最終日:午後2時閉会・入場:午後1時まで
(入場は閉室時刻の30分前)

公募展での作品発表を考えていらっしゃる方へ

新象作家協会の特長として「一般出品でも大きな作品が展示できる」「超横長の作品も展示できる」「インスタレーション的な展示ができる」という点があります。事前に事務所に連絡を入れていただければ、様々な可能性が広がります。このような展示ができる公募団体は他にないのではないかと思います。ぜひとも、有効にご活用いただければと思います。

 

出品規定など詳細はこちらから

最新情報はFacebookページで!

新象作家協会の活動の最新情報は「新象展公式Facebookページ」で、随時発信しております。会員、準会員の展覧会開催情報、会場風景などを掲載してまいりますので、みなさん、ぜひ「いいね!」をお願いします。

新象作家協会facebookページ