第61回新象展 出品規定など

  • 搬入日 2018年5月24日(木)午前10時〜午後4時
  • 受付場所 東京都美術館内<新象展受付>(地下3階)
  • 会期 2018年5月29日(火)~6月3日(日)
  • 会場 東京都美術館(上野公園内)
  • 巡回展 大阪

未来アート|新象作家協会

新象展は、新しい自由な芸術活動を理想とし、もっとも大胆な実験・研究の成果を発表する場としての公募展です。
マンネリ化を排し、既成概念や自己規制にとらわれる事なく、柔軟性のある探究心によって、この実現へ緊張を持ち続けたいと願っています。

出品規定

■ 出品種目

平面、立体、ビデオ等、未発表の作品である事。(東京都美術館の指導に合わないものは除く)尚、会場に於いて設定、又は組み立てを必要とする作品は、 搬入時間内に必ず本人が設定、組み立てること。
※壁面及び床面等を汚すもの、ガムテープ等粘着性のあるものの使用禁止。また、地震などの耐震性を十分に考慮した作品(設置)であること。

■ 搬入

出品作品は、それぞれ陳列に適当な装置をし、本会指定の出品票に題名、氏名、住所を明記し、作品裏面には所定の貼付票を右側上下中央附近に貼り、 美術館指定の搬入口より地下3階<新象展受付>に搬入のこと。

■ 出品料

出品料は1 人2 点まで8,000 円。1 点増すごとに2,000 円。(会員・準会員は無料)

■ 大きさ

制限を設けないが、平面作品で幅4m、立体作品で高さ2m、面積4 ㎡(平方メートル)超えるものは、搬入前に事務所まで連絡の上、許可を得ること。また立体作品の重量は1,000kg《 ㎡(平方メートル)につき270kg 以内(東京都美術館の指導による》以内とする。また、台座を用意すること。動植物および土などは燻蒸した上、作品にしようすること。

■ 自己搬入

個人搬入者の作品は開梱した状態で搬入のこと。また、包装資材等は館内に放置しないで必ず持ち帰ること。

■会場組み立て

会場組み立てをする作品は陳列日(5月28日)10:00~15:00までに本人が行なう。搬出も最終日(6月3日)14:00~16:00までに本人が撤去する。

■ 搬出

搬入受付と同じ、美術館内地下3階<新象展受付>。入選作品及び落選作品共、6月5日(午前10時〜午後3時)に作品受付証と引き換えに搬出のこと。
指定日以外の搬出については、当会は責任をもたない。受賞作品は地方展に巡回する。搬出は後日連絡。作品売約の際は、その価格の2割を本会に納めるものとする。
以上に反する場合に生ずる事故その他すべて不可抗力の事故については、本会はその責を負わない。

■ 審査

審査には本協会会員があたり、優秀作品に対して協会賞、展賞、奨励賞、佳作賞、スポンサー賞、その他の賞を授与する。

入選発表

審査後、郵送にて出品者に通知する。電話での問い合わせには応じない。

■ 巡回展

本展終了後、会員の作品は大阪の美術館で巡回展を開く。受賞作品は巡回展に同行。
☆美術家連盟の要請により版権は当会に属する。

授賞式及び出品者懇親会

5月29日(火)都美術館にて授賞式を、それに引き続いて出品者懇親会を行ないます。奮ってご参加下さい。(懇親会費5,000円)

ギャラリートークのお知らせ

5月29日(火)と6月2日(土)午後1時より展覧会場にてギャラリートークを行ないます。会員・準会員、そして出品者全員の参加をお待ちします。

恒久梱包材の返却

巡回展には作品用木箱など同行しかねます。巡回展後に搬入時の作品用木箱などを返送に使用したい方は、事務局まで前もってお申し出ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です